法人のお客様のみ  

法人のお客様のみ

24時間注文可能

電話番号 045-488-4186

10,000点以上の品揃え

アプリ

E-produrement

E-Procurementとは?

電子調達とは、EDI(Digital Data Interchange)を用いて、ERP(Enterprise Resource Planning)システムから物品を調達するプロセスで、発注から請求書の確認までの一連のプロセスを指します。このデジタルプロセスを支えているのが、御社の事業に最適化された企業資源計画システム(ERPソフトウェア)です。これにより、調達過程での様々な書類や情報を自動でチェックすることが可能になり、時間とコストの削減が電子調達の決定的なメリットです。

ウルトE-Procurementのメリット:

  • アーカイブの簡素化:手作業で伝票を入力したり、照会する必要はありません。そのため、エラーが少なく、調達プロセス全体をコントロールすることができます。
  • コストの最適化:記帳や管理が最小限となり、プロセスコストを最大30%*削減します。(*独自統計データに基づく)
  • 業務のエコ化:紙の使用量を削減し、環境に配慮したプロセス設計が可能です。
  • 作業の効率化:コアビジネスへ集中できる業務環境の整備・改善が可能です。
  • 経営資源の最大活用化:時間とコストの節約を実現します。

電子カタログの管理

ウルトの電子製品カタログでは、購入者はウルトの製品データにアクセスできます。構造化されたカタログデータは、インターネットベースのソフトウェアシステム(クローズドマーケットプレイス、イントラネット、顧客専用の内部ソリューションなど)に保存されており、お客様はこれを使ってウルトに直接製品を注文することができます。主に、Cパーツにかかる高いプロセスコストを削減することができます。

Cパーツとは:
購入シェアは最小だが、多数の商品のため管理業務コストが最大な副資材のことを指します。

なぜ電子調達が重要なのか?

小さな部品であろうとも、コストのかかるトップ商品であろうと、内部の時間とコストは常に同じです。特にCパーツの場合は、内部のプロセスコストが実際の商品価値の何倍にもなります。注文の確認から商品の受領、納品物の検査、請求書の照合まで、すべてを会計に記録し、処理しなければなりません。手動のプロセスでは、これは大きな時間の消費を意味し、時間がかかるほどコストも増加します。

test
pict test

一般的なE-Procurement過程

1.需要の発生

・御社のシステムにシンプルかつダイレクトに記録
・お手持ちのウルトアプリ(スキャナー)をご利用いただけます

2.購入

・社内外のシステムへの注文の即時入力(購買請求書からの直接移行)
・自社システムからの自動承認と発注
・サプライヤーとのインターフェースを介した直接対話

3.サプライヤー

・サプライヤーからの即時自動受領、即時処理
・紙を使わず、インターフェースを介してダイレクトに自動注文確認
・ダイレクトな情報伝達による最短納期の実現
・自社システムの製品番号や関連情報の保持

4.納品・物品受領

・スキャナを接続するなどして、独自のシステムで直接記録・制御が可能
・納品書の情報や追跡情報などはお客様のシステムに直接自動転送
・電子納品書や電子出荷伝票は自動発行(必要に応じて手動発行も可能)

5.請求書と支払い

・お客様のシステムで直接自動処理が可能
・価格、納品書、請求書の自動比較により、自社システムで請求書を一元管理
・ご要望次第では、カスタム化されたデータなどの配信が可能
・コストセンターごとに請求書の振分けが可能

日本国内実績

某ドイツ自動車メーカーの純正品提供接続
  • 受注や請求に関するデータの交換
  • リアルタイムによるデータ送信
  • 変換サーバーを利用

システムサポートについて
ウルトでは、BMEcat 1.0、BMEcat 1.2、Excel、CSV、CIFなど、電子カタログのさまざまなフォーマットをサポートしているほか、顧客御社固有のフォーマットも多数用意しています。お客様のシステムの要求に応じて、ウルトは製品の特徴と説明を必要なフォーマットで提供します。電子調達プラットフォームやマーケットプレイスシステムを提供するさまざまな企業との長年にわたる協力関係により、電子カタログデータの統合はほとんどほぼすべての一般的な主要システムで可能になります。

サポート可能なシステム環境一覧

プラットフォーム
  • Wucato
  • SAP Ariba
  • Tradeshift
  • Oracle Procurement Cloud
  • その他(御社による指定)
製品データの分類
  • UN/SPSC
    (Vers.5.0301 & 7.0401 & 15.1101)
  • eCl@ss (4.0, 5.0, 5.1, 6.0.1, 6.1, 6.2, 7.0, 7.1, 8.0, 8.1, 9.0, 9.1)
  • ウルト製品のカテゴリー、ウルトオンラインショップに類似したカタログ構造
  • その他(御社による指定)
EDIフォーマット
  • EDIFACT
  • UGL
  • SAP/IDOC
  • XML
  • その他(御社による指定)
通信方法
  • OFTP TCP
  • OFTP2 via TCP
  • FTP Client / Server
  • SFTP Client / Server
  • http(s)
  • AS2
  • Mail / SMTP
  • VAN (GXS, X.400)
  • その他(御社による指定)
カタログデータ
  • OCI
  • IDS
  • ComNorm
  • CXML-Punchout
  • その他(御社による指定)
電子カタログ
  • BMEcat
  • DataNorm
  • その他(御社による指定)
>1
100カ国でソリューション利用
>1
お客様の電子調達シェア率(%)
>1
平均購買費用削減率(%)
効率計算機

エフィシェンシーカリキュレーター(効率計算ツール)

効率計算ツールは、ウルトE-Solutionsシステムの使用が御社の注文プロセスにどのように影響するかを分析し、生産性を可視化し、お客様の経営環境に合わせたソリューションを提案します。
作業過程をどうやって効率化できるか、こちらで確認してみましょう。

E-Solutions導入例:*独自統計データに基づく

E-Solutionsシステムのご紹介

ORSYmat
リアルタイムな在庫管理と製品の自動補充が可能
ORSY®mat

重要な消耗品が常にストックされ、保管の為に多くのスペースを必要としない状態を保つシステムです。

詳細はこちら>>(準備中)

App
24時間どこからでも
ウルトアプリ

さらに便利に迅速に:商品検索やバーコード読み取り機能を備えたアプリ。ボタン一つで簡単に弊社商品をご注文いただけます。

詳細はこちら>>

EDI
どんなシステムでも接続可能な電子調達
E-Procurement

発注はもとより、追跡情報、請求データなど様々な情報交換が可能になります。

詳細はこちら>>

Online Shop
BtoB向け機能満載
ウルトオンラインストア

通常のショップ機能はもちろん、定期注文、成績表などを含む製品情報、購買承認、ユーザー管理やコストセンター管理など他にはないBtoB機能満載。

詳細はこちら>>

エフィシェンシーカリキュレーター(効率計算ツール)

御社の状況に合わせたE-Solutionsを提案します。

エフィシェンシーカリキュレーター(効率計算ツール)

効率計算ツールは、ウルトE-Solutionsシステムの使用が御社の注文プロセスにどのように影響するかを分析し、生産性を可視化し、お客様の経営環境に合わせたソリューションを提案します。

E-Solutionsに関するお問い合わせはお客様相談センターまで。
フリーダイヤル 0800-600-5550(受付:月~金 9:00~17:30 / 土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)